弁護士相談での費用

お財布成年後見制度を利用する場合、弁護士を付けてもらうことができます。しかし、弁護士を利用するのは、当然ながら無料というわけにはいきません。初回の相談だけであれば無料にしている弁護士事務所もありますが、基本的には費用がかかると思ってください。成年後見制度で定められている費用としては、管理財産額が5,000万円以下の場合は月額1万円~2万円で、5,000万円を超える場合は月額2万5,000円~3万円となっています。この程度から考えて利用していくことが必要です。費用自体は高くても月々3万円以下となっているので、その点では決して高過ぎるということはありません。

むしろ、弁護士の専門的な知識と経験、実績によってサポートしてもらえるということを加味すれば、安いと言えるかもしれません。精神上の障害がある方は、成年後見制度で活用できる弁護士を探してみましょう。ただ、弁護士によって必要となる費用は若干異なる場合があるので、注意してください。問題解決に必要な書類を集めたり、情報を収集したりする場合、他に費用がかかるということは基本的にはありません。万が一費用が発生する場合は、その弁護士事務所ごとにしっかりと説明してくれるので、その点も考えて利用していくようにしましょう。

関連リンク
成年後見の弁護士相談【スター綜合法律事務所】

障害がある人でも安心

弁護士法律の問題などは、特に一般の方で知識がある人はほとんどいません。それでいて正常な判断が難しい精神上の障害がある方にとっては、より大きなハンデとなることは間違いないです。その中で、どうすれば良いかわからなく、結果的に損をしてしまっている方も多いです。ただ、それらの方に最適な弁護士も多くなっていて、成年後見制度によって、誰もが弁護士のサポートを受けられるようになっています。生涯がある方でも、安心して相談できるようになっているので、まずは相談してみてはいかがでしょうか。もちろん、相談する内容がわからないという方でも大丈夫です。弁護士は依頼人が損をしないように立ち回ってくれるので、何もわからない状態でも、常に最善手で話を進めてくれます

もともと成年後見制度は、そういう方たちのために作られた制度でもあるので、上手に活用しましょう。実際にはそれらの精度があるということを知らずに、諦めてしまっている方もいます。気付かないで放置しておくと、問題は大きくなるばかりかもしれませんので、ストッパーとしての役割としてでも良いので、弁護士にまずは相談してみてください。もちろん、費用などが気になる方も多いと思います。費用に関しては、依頼人の状況によっても異なってくるので、そこも事前に依頼する前に聞いておくと良いです。初回の相談であれば、無料で対応してくれるところもあるので、探してみるのもありです。

成年後見制度とは

お年寄り成年後見制度というのが、国によって決められています。例えば、大人になってから精神上の障害を持っている方は少なくありません。知的障害や精神障害、認知症などによって正常な判断が難しいという場合もあるでしょう。そういう時、なかなか自分では判断できないことも多くなります。何かトラブルに巻き込まれた場合、障害が持っている状態で戦うのはハンデが大き過ぎるのです。だからこそ、そういう場合に弁護士などを付けてもらうことができる制度、それが成年後見制度です。とても噛み砕いて説明していますが、判断能力が低い人に適用できるものとなっているので、家族の方や親戚の方も安心して利用することができます

例えば、近年増加傾向にある熟年離婚や遺産相続などで、認知症で判断が難しいことも多くなっていますし、もともと知的障害があることによってトラブルに巻き込まれることも多いです。さらには、精神障害なども先天的なものから後天的なものまでかなり増加しています。そういう方たちは自分で物事を理解して最適な答えを出すということが難しくなっています。そういう方は、ぜひこの成年後見制度を活用してみてください。そうすることによって、トラブルで余計な問題を孕むことなく、解決していくことができます。近年はそれらの弁護士も増えていて、成年後見に対応しているところも多いです。

成年後見と弁護士の力

家成年後見という言葉を知っている方は、そこまで多くないのではないでしょうか。実際にこの言葉の意味を簡単に説明すると、法律など専門的な知識が必要とする人を支援するという意味合いなどがあります。特に精神上の障害がある方を援助する意味合いもあります。

この成年後見制度を活用することによって、素人の方や初心者の方など一般人で障害を持っている方がサポートを受けることが可能となっています。特に身近な成年後見の利用例を見ると、弁護士などが一般的だと言えるのではないでしょうか。自分で判断が難しい場合、そういう弁護士などの専門的な力を使うのが一般的です。法律の知識の他にも、専門知識が必要となる場合は、専門家の支援を受けることができます。それらの成年後見を活用することによって、苦手な分野やまったく興味がない分野でも、ある程度立ち回ることができるようになるのです。もちろん、精神上の障害で判断が難しい方も可能です。

近年はこれらの成年後見を活用するという事例も増えていて、色々なケースに当てはめて考えることができるようになっています。ただ、わからないという方も多いですし、実際には知らなくても何とかなる場合もあります。そこで、このサイトでは成年後見の中でも、特に弁護士などを活用することについて解説します。必要となってくる費用などもまとめて解説するので、気になる方は読み進めてみてください。多くの方の役に立てれば幸いです。